太陽光発電は自然の恵み

平成23年に起きた東日本大震災および東京電力福島第一原子力発電所の事故以降,再生可能エネルギーに大きな注目が集まっています。

太陽光・風力・水力・地熱等を利用した発電がそれにあたります。

我々の生活や経済活動に電力は必要不可欠ですから,安定的にそれを得るために,今後も電力のベストミックスを構築していかなければならないことは間違いありません。

ここではその一つ,太陽光発電について考えてみます。太陽光発電とは,太陽電池を使い太陽光を直接電力に変換する発電方式のことです開発当初は,宇宙用など用途が限定されていた上に大変高価でしたが,近年は低価格化も進み,市場も拡大すると見込まれています。

太陽光発電の長所の一つは,何と言っても大変クリーンなエネルギーであるという点です。

地球温暖化が懸念され始めて久しいですが,太陽光発電なら,地球温暖化の原因とされる温室効果ガス排出量の削減も期待できます。

また,日中太陽が出ている間は電力会社から電気を買う必要がありませんし,節電の努力をすればするほどたくさんの余剰電気が発生します。
この余剰電気は電力会社に買い取ってもらえますので,太陽光発電を上手に利用することが節電意識を高めていくことにも繋がります。個人が設置するにはまだまだ効果ですが,設置に当たっては自治体から補助金が受けられる制度もあります。

今後も電力問題は避けて通ることは出来ません。

現時点では原発が将来的にどうなっていくのかも未知数ですし,石油などの化石燃料も輸入に頼っています。
石油は為替や産油国の政情からも大きな影響を受けますし,いずれ枯渇するのでは,という不安もあります。


いずれにしても,エネルギー問題は国民全体で考えていくべき重要なテーマでもあります。もちろん,どんなに優れたシステムにもメリット・デメリットの両方はありますが,無限の恵みである太陽光発電を上手に利用しながらの節電も,選択肢の一つであると考えられています。


太陽光発電は、国内では住宅用の設置が2012年5月で100万件を超えることとなり、2030年には100GWの太陽光発電普及の可能性が高まっています。


そんな中で、さらに効率的に電気を作り出す太陽電池のモジュールに注目が集まっています。
現状ではこの太陽光発電のためのモジュールはシリコン系とCIS系に分かれています。


さらにシリコン系のモジュールの中には単結晶シリコンと多結晶シリコンが存在します。単結晶シリコンは、パネル自体は高額なものになりますが、現状ではもっとも電気への変換効率が高いものとなっています。
また多結晶シリコンは、単結晶よりも価格面で優位性があるものの、電気の変換効率は単結晶に比べて劣ります。CISと呼ばれるものは、新しいフォーマットであり、コストとしては安く抑えれれるのが最大の特徴ですが、変換効率はシリコン系のモジュールよりも劣ることになります。

これまで国内における太陽光発電のソーラーパネル市場はシリコン系が中心となってきており、国内メーカーはこの商品で世界的に太陽光発電の技術を牽引してきていることから歴史と実績のある商品ということができます。ただ、シリコン系モジュールの場合には、何らかの原因で影ができると全体の出力が落ちるという問題があります。

つまり電柱や木などが冬場に長い影をつくり、それがこのモジュールにかかようなことがありますと、複数の系列ごとに直列で接続しているという構造上の問題から一部のモジュールに影がかかっただけでも場合によっては接続されているすべての系統がダウンすることも起こりうることになります。

一方CIS系の商品では、回路構成自体が毛下による影響をうけにくいものとなっているため、仮に一部に影がかかっても発電量が落ちにくく、多くの電力を作り出すことができるというメリットをもっています。

したがって太陽光発電を設置する場所によって適切なモジュールを選択することが肝要となります。

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1329076633
http://www.asahi.com/articles/ASHCK4D1HHCKULFA00K.html
http://note.chiebukuro.yahoo.co.jp/detail/n155230









iPhone7サイトを見つけることができました。