バナー

ビジネスチャンスが広がる社会保険労務士

社会保険労務士には、講演やセミナーなどの仕事もできます。


講演やセミナーをするのは、場数を踏めば大丈夫ですが、誰とコラボレートして、誰が集客を行ってくれるのかが重要です。

その点、民間の保険会社などと良い関係を構築できれば、民間保険会社も、社会保険労務士の看板で集客したい回もありますから、お互いに利益を得られる関係になります。

日々の営業を行うなかで、必ず保険営業の人と知り合いになりますから、上手にお付き合いしていくことが重要です。

こだわりの高いマイナビニュース情報サイトを利用しましょう。

社会保険労務士には、あっせん代理や労働審判なども行える資格があります。

あっせん代理や労働審判は、現実的にまだ未開の分野ではあります。



そのため積極的に関わって開拓していく分野といえます。

カード決済の特徴をご紹介する情報です。

労働局からあっせんの呼び出しがあった企業の社長などは、あまり分からず戸惑っているケースが多いですから、そこで力になれば信頼関係は強固なものになります。

独立開業した場合、初めは簡単にいくことは少ないですが、社会保険労務士はグローカルな業種であることは確かです。
グローカルとはグローバルの対義語です。

外国人や外国企業がどんどん参入してくる業種ではありませんし、どのような商売でも基本的には労働基準法は適用されます。
しかも試験での参入障壁は高いです。

そのため競争相手があまり多くないので、自分の才覚でビジネスチャンスを無限に広げられます。

困っている企業の手助けをして、結果社会貢献が実現できる仕事です。